セブ島旅行の持ち物リスト!持ち込み禁止の物や注意点も【体験談あり】

こんにちはMasaです!

突然ですが、フィリピンに旅行と言ったらどこへ行きますか?

みなさんよく行くのは、セブ島ではないでしょうか。

マニラには仕事で行かれる方も多いと思いますが、

セブ島はリゾート地のイメージがありますよね。

日本からセブ島へはマニラで乗り継ぐか、直行便がでており、

大変簡単に行くことができる場所です。

今回はフィリピンセブ島の旅行の際の持ち物リストをご紹介していきます!

 

フィリピン・セブ島旅行の持ち物リスト

 

それでは早速本題に入っていきましょう。

僕は実際にセブ島へは数回訪れているので、

その体験をもとに、持ち物リスト(必需品)や持って行った方がよかったものを

ご紹介していきます。

 

セブ島旅行必需品

 

パスポート海外旅行時には必須
※ビザについてですが、フィリピンへは30日以内に出国すれば、ビザは必要ありません
31日以上滞在する必要がある場合は、ビザを申請する必要があります
Eチケット同上
海外旅行保険(控え)万が一のために
現金空港で両替してもいいが、少し持って行くと安心
クレジットカード海外旅行付帯のクレカ複数枚
SIMフリーのスマホSIMを変える必要があるため
パソコン調べ物、暇な時間があるときに便利
モバイルバッテリー充電が切れた時のために
カメラ思い出を撮るのに必要
Tシャツ4枚ほど(半袖4枚)
パンツ3着ほど(半ズボン3着)
下着4枚ほど
靴下2足ほど
サンダルフィリピンは普段暑いのでサンダルでの移動が基本
道路はしっかり塗装されていない箇所が多いため、ビーチサンダルではなく、かかとがしっかりついているものを持っていくと良い
スニーカークラブへ行く時はサンダルでは入れないため、行きたい方は持参
また上にも述べたように、道路が塗装されていない箇所が多いため、足をしっかり保護したい場合は、スニーカーを履くことをおすすめする
ボールペン出入国の際の記入に必要
コンタクトレンズ類必要な方
化粧品類必要な方
歯ブラシ・歯磨き粉使い慣れた日本製のものを使用した方が良い
髭剃り必要な方
リュックサック観光をするためリュックは必要
日焼け止め東南アジアの日射し(紫外線)は日本のものに比べて強いため
サングラス上と同じ理由
薬など風邪薬や下痢止めなど常備薬が必要な方
折り畳み傘スコールに備えて必ず必要
その他各自必要なもの

 

これだけ持っていけば1週間くらいの旅行なら余裕です。

正直衣服類やこんなに持って行く必要はないかもしれません。

基本的には洗濯物は現地で洗うスタイルでいけば、

3日分あれば十分だと思います

しかし、ご存知の通りフィリピンは気温が高く、

汗をたくさんかくことが考えられるので、Tシャツなどは4日分ほど持って行っても無駄にはなりません。

補足説明
セブ島には大きなショッピングモールがいくつかあります。
もし何か忘れてしまった場合でも、大抵のものは揃うと思います。
洋服も安く買うことができます。衣服類はかさばるし場所を取るので、
もし必要最低限だけ持っていきたいという方は、現地で購入するのもありだと思います!

 

おすすめ便利グッズ

 

フィリピンセブ島に行く時の便利グッズは、

やはり日焼け防止道具または熱中症防止道具です。

上記で日焼け止めを必需品としてあげましたが、

日焼け止めだけではどうしても十分ではない時があります。

そのために目を守るためにもサングラスは必要だし、

キャップも必要になります。

東南アジアの日差しの強さをバカにしてはいけません。

必ず日焼け止めだけは持って行くようにしてください。

キャップもあると大変便利です!

 

また、セブ島と言ったら海ですよね!

海と言ったら水着です。

セブ島に行くなら水着は持って行った方がいいです。

もちろん上にも述べた通り、

セブ島には大きなショッピングモールがあるのですが、

時間を無駄にしないためにも、普段着慣れた水着を持って行く方がよくないですか?

水着はそこまでかさばりませんし、重くもないので、

日本から持って行ってしまいましょう!

 

 

オススメアプリケーション

 

フィリピンに行く前に

Grab」というアプリケーションを入れるのをお忘れなく!

東南アジアに1回でも行ったことがある方は、お世話になった方も多いのではないでしょうか。

Grabは、タクシーやバイクを予約するためのアプリです。(デリバリーなどのサービスもあり)

このGrabを使ってタクシーを呼ぶと、数分で迎えに着てくれますし、

東南アジアで多発している、タクシーの運ちゃんによるぼったくりもなくなります。

基本的に目的地の場所までの値段が事前に表示されますし、

運転手は、Grabに登録されているドライバーなので、

もし何かあった場合でも安心です。

 

フィリピンセブ島旅行で持ち込みが禁止されている物

 

セブ島旅行というよりも、

フィリピン入国の際に持ち込みが禁止されている物をここでは紹介していこうと思います!

 

持ち込み禁止品としては、

銃器、爆薬、弾薬、麻薬(マリファナ.コカイン,覚せい剤,その他)、

貴金属、ギャンブル品、猥褻物、レプリカ品

の持ち込みが禁止されています。

ポルノ雑誌やヌード写真が掲載されている週刊誌なども見つかれば没収されるそうです。

銃や麻薬などは持ち込まない(持ち歩かない)のは当然のことかと思いますが、

もし写真集などを持ち込もうとしている方はお気をつけください!

フィリピンでは麻薬に関する取り締まりが非常に厳しい国です。

所持しているだけで重罪になります。

さすがに持ち込む人はいないと思いますが、

もしかしたら誰かに意図的にカバンに仕込まれたりすることも

無きにしも非ずなので、カバンなどから絶対に目を離さないようにしてくださいね。

 

持ち込むと税関がかかる品目は以下の通りです。

お金50,000ペソ以上、$10,000相当以上の場合
酒類2本(各1リットル以内)
タバコ紙巻きたばこ400本、または葉巻50本、刻みたばこ250gまで

 

セブ島旅行で注意すること

 

フィリピンセブ旅行で注意することを、

「持ち物」、「お金」、「服装」の3つの点からご紹介します。

 

持ち物編

 

必需品や持って行くと便利なもの、禁止の品目等を上で説明しましたが、

LCCでセブ島に行くときは持ち物の重さに注意が必要です。

セブ島へは主に「セブパシフィック」を利用することが多いと思います。

セブパシフィックの機内持ち込みサイズは以下の通りです。

  • お客様お一人につき最大7㎏までのお荷物を1点のみ,機内にお持ち込みいただけます。機内持ち込み手荷物のサイズは、縦×横×高さの3辺の合計が56センチ×36センチ×23センチ以内となります。機内持ち込み手荷物は頭上の棚に、お客様ご自身で収納していただきます。
  • それ以外の手荷物(PC、お土産、飲食物等)は持ち込みが認められません。必ずお手荷物は1点におまとめください。
  • 幼児をお連れのお客様、及びお体の不自由なお客様は、縦×横×高さの3辺の合計が35センチ×20センチ×20センチ以内の鞄等を追加でもう1点お持ち込みいただけます。こちらのお荷物は座席の前におしまいください。

参照元:セブパシフィックHP

重さが7Kgということなので、

持ち物はかなり制限されると思います。

そのため洋服など現地購入できるものはなるべく少なくすることを心がけてください。

 

お金編

 

日本でもペソに変えることもできますが、

なるべく現地で行った方がお得です。

旅行の日程や内容にもよりますが、

1週間の旅行で数千ペソ〜数万ペソほど必要になると思います。

それを日本で一気に両替すると、本当に危険です。

「日本人は金を持っている」という価値観は以前に比べたら、

確実に少なくなってきていますが、それでも大金を持ち歩くのはやめた方がいいでしょう。

基本的には、クレジットカードを使用するようにし、

現金は必要最低限持ち歩くようにしてください

セブ島にはそこら中に両替所があります。

 

服装編

 

セブ島は1年の平均気温が26度〜30度ほどです。

最低気温も20度を下回ることが本当に少ないです。

日中は半袖半ズボンにサンダルという服装でいいと思います。

僕も基本的に半袖半ズボンにサンダルという格好でした。

僕がセブ島に訪れたのは、3月〜4月、8月です。

8月は雨季の真っ只中ですが、半袖半ズボンでも蒸し蒸ししてとても暑かった記憶があります。

3〜4月は気温が1年の中でも高い時期なので、暑いのは尚更です。

でも夜になると冷えてくる時期(12月〜2月にかけて)があるので、

その時期に訪れる方は、何か1枚羽織るものを持って行くことをオススメします。

 

セブ島旅行の持ち物をチェック

 

フィリピンセブ島へ旅行へ行く際は、

日焼け止めやサングラス、キャップなど、熱中症を予防できるものを持っていきましょう。

日頃使っている化粧品やらを持って行くのもいいですが、

セブ島には大きなショッピングセンタがーたくさんありますので、

何か忘れてしまっても、現地で購入できるので安心してください。

特に衣類に関しては、たくさん持って行く必要はないと思います。

セブ島は本当にいいところで、現地の方も日本に興味がある方がたくさんいます。

本当に人々は温かいし、海は綺麗だし、

文句のつけようがない場所です。

ぜひ訪れてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA