中国旅行の持ち物リスト!おすすめ便利グッズや注意点も【体験談あり】

こんにちはMasaです。

お隣韓国への旅行は日本人にとって、

行きやすいし安いし、食べ物も美味しいし、

特に女性にとっては有名なのではないでしょうか。

お隣中国はどうでしょうか?

ビジネスで中国へ行かれる方は多いと思いますが、

観光目的で中国へ行く人って周りにいますか?

上海や北京などに旅行へ行く機会はあると思いますが、

それ以外ってあんまり聞かないですよね。

僕は三国志が大好きで、三国志に関連のある場所を以前から回っているのですが、

そういうところで日本人に会ったことは一度もありません。

なんでかなあと考えたんですが、やっぱり「怖い」っていうのが一番なんじゃないでしょうか。

持ち物だって厳しいし、逮捕されている日本人もいるので、

イメージ的に旅行へ行きにくくしているのでしょう。

本日は、持ち物の面でその「怖い」というイメージを払拭していこうと思います!

 

旅行の持ち物リスト

実際に僕が中国を旅行した際に持っていったものをまとめてみました。

必需品

 

パスポート海外旅行時には必須
Eチケット同上
海外旅行保険(控え)万が一のために
現金空港で両替してもいいが、少し持って行くと安心
クレジットカード海外旅行付帯のクレカ複数枚
SIMフリーのスマホSIMを変える必要があるため
パソコン調べ物、記事を書いたり暇な時間があるときの暇つぶし
モバイルバッテリー充電が切れた時のために
カメラ思い出を撮るのに必要
Tシャツ4枚ほど
パンツ3着ほど
下着3枚ほど
靴下3足ほど
ボールペン出入国の際の記入に必要
コンタクトレンズ類必要な方
化粧品類必要な方
歯ブラシ・歯磨き粉中国の歯磨き粉は変な味がするため、慣れている自分のものを使用した
髭剃り必要な方
リュックサック観光をするためリュックは必要
日焼け止め日光の強さは日本とは変わらないが、必要な場合
サングラス必要な場合(僕は目が光に弱いので、どうしても外に出る際は必要になる)
薬など風邪薬や下痢止めなど常備薬が必要な方
折り畳み傘雨の日のために
その他各自必要なもの

 

1週間くらいの旅行を目安に作成しました。

僕は夏(8月の終わりころ)と、春(3月)に中国へよく行っていました。

春は本当に過ごしやすいんですが、夏は日本同様、ものすごく暑いです。

僕の新陳代謝がいいのかもしれませんが、汗が止まらなかったことを覚えています。

そのため、夏は少し多めにTシャツを持っていった方がいいかもしれません。

また充電に使う充電プラグはいらないのかと思う方もいると思いますが、

基本的にはいらないです

僕は3つ星ホテルにメインに泊まっていたんですが、

コンセントのプラグで困ったことは一度もありません。

日本のAタイプのものを問題なく使用できます。

ちなみに3つ星ホテルと聞くと高そうなイメージですけど、

全くそんなことはありません。

全世界共通ではなく、中国国内のみに適応されるものです。

星については以下の記事に詳しく記載していますので、気になる方は、合わせてお読みください。

中国ホテル選択時の注意点!チップは必要?絶対に知っておいたほうがいいこととは?

2019年9月22日

 

おすすめ便利グッズ

僕が実際に持っていってよかったものや、

持っていったらよかったなあと思うものをいくつかご紹介します。

まず一つ目は水筒です!

中国の水道水は基本的に飲めません!

ていうか飲んではいけません!

なので必ず水を飲む際はペットボトルの水を飲むようにしてください。

ペットボトルはどこでも安く売っていますが、

夏とかだと結露がつくし、すぐぬるくなるし、

ペットボトルを持っているメリットがないんですよね。

なので水筒一つ持っていけば、飛行機にも持ち込めますし、

ペットボトルから水を入れ替えて持ち運びができるので、メリットが多いです。

中国人の旅行者を見ても、大体の人が水筒持っていますよね(笑)

補足説明
僕の経験だと、3つ星以上のホテルには必ずペットボトルが人数分用意されています。中には、歯を磨く時にもペットボトルの水でやるという方もいるようですが、そこまで神経質になる必要はありません。僕は毎回水道水で口を濯いでいますが、これまでお腹を壊したことはありません。要は、呑み込まなけれないいのです。

 

2つ目はMy箸です!

これは本当かどうかわからないのですが、

中国の友人は毎回、店から出されたお皿をお湯で洗い流してから使用しています。

なぜかと聞いたら、

「しっかり洗ってないことがある」ということだったのです。

中国に住んでいる友人が言っているので、信頼できると思います。

毎回毎回、ヤカンのお湯をお皿や湯飲みにかけていたのは、

すごく印象的でした。

なので、箸も汚いんだろうなあと思い、My箸も持って行った方がいいのかなと思いました!

 

3つ目はポケットティッシュです!

中国の地方都市なんかは、トイレはボットン便所なので、

もちろんトイレットペーパーはありません。

上海や北京などのように栄えていれば、トイレはしっかりしていますが、

少し都市部から外れると、公衆トイレは、ボットン便所になります。

女性なんかはティッシュがないと大変なので、

必ずポケットティッシュは持って行くようにしましょう。

ちなみに僕は毎回トイレットペーパー1ロール持参しています。

あとは、下痢止めや胃腸薬などの薬です。

僕は東南アジアや中国へは何回も行っており、今までお腹を壊したことはほぼありません。

(1回、昨年の秋にタイへ行った時、原因不明の高熱と下痢になりましたが・・・
今思えばこれコロナだったのかなと思っております。。。医者に行っても原因は分からないって言われました。)

でも成都に行った時、僕の友達が食中毒にかかり、本当に苦しそうでした。

車で移動していたので、トイレに行きたい時にトイレへ行けない状態で。。。

そこまでひどい状態でもなかったのですが、トイレ関係は本当に苦痛ですよね。

その時薬を持っていなかったので、持って行けばよかったなあと後悔しています。

薬の持ち込みについては後述します。

 

中国旅行の持ち物に関する注意点

中国へ入国するとき、禁止されている持ち物や注意点について。

 

 持ち込みが禁止されているもの

・動物及び動物製品

生きた動物犬、猫以外の動物、全ての哺乳類を含む。鳥類、魚類、両生類、爬虫類、昆虫類など
肉、肉製品、水産物生、調理済み問わず
動物性商品牛乳、乳製品、動物由来のクリームやバター、チーズなど
卵由来の製品卵、保存された卵、塩漬け卵、卵殻、マヨネーズなど
動物由来の商品油脂類、毛皮、ウール、骨、角
動物飼料肉粉、骨粉、魚粉など

 

・植物及び植物製品

新鮮な果物や野菜
タバコ(刻みタバコは含まない)
種子、苗木、繁殖可能な植物材料
有機栽培関連

 

・その他のカテゴリ

動物の死骸、動物の標本(剥製)、動物の排泄物
細菌やウイルスと植物や動物の他の病原体、害虫やその他の有害な生物、細胞、臓器や組織、血液および血液製剤および他の生物学的材料
遺伝子組み換え生物
国で輸入を禁止しているその他動物、動植物製品とその他の検疫物

 

・出入国時の持ち出し・持ち込み制限について

外貨$5,000相当を超える外貨を持ち込む場合は、税関で申告が必要
タバコ400本まで
お酒2本(1.5L以下)
貴重文物文化財、古美術、骨董品、絶滅に瀕する動植物(標本を含む)、種子や繁殖材料を国外に持ち出すことは禁止
武器拳銃や爆弾、刃物類
有害な印刷物やフィルム中国の政治・経済・文化・道徳に関するもや、ポルノ
規制薬物覚せい剤、ヘロイン、大麻、LSDなどの持ち込みは重罪(死刑を含めた極めて重い刑に処される可能性も)
その他本人が使用する旅行用品(カメラ・ビデオ等各一台)個人使用分を超えた物品(お土産用家電製品等)は申告が必要

 

詳しくは、在中国日本国大使館のHPをご参照ください。

 

持ち物に関する体験談

 

持ち物に関する失敗談は特にないんですが、

1度だけ、スーツケースに入っているものを確認するために、別室に連行されたことはあります。

結果的には、髭剃りが入っているだけだったんですが、

何か反応があると、すぐ呼び出して確認するようですね。

まあその時は、無理矢理中を見られたわけではなくて、

何が入っているか見せろと言われたので、開けて中を見せた程度です。

基本的に髭剃りはスーツケースに入れていたのですが、

この時初めて呼び出されたので、おそらく何かと間違えたのではないでしょうか。

また、僕は身体中にピアスを開けているのですが、

どうやらそれが金属探知機に反応してしまい、連行されたことがあります(笑)

海外には何度も行っていますが、身体のピアスが反応したのは、この1回きりです。

女性の方でピアスをしている方も気をつけたほうがいいかもしれません!

確かに中国は持ち物関連は大変厳しいです。

ライターは1つくらいならみなさん持って行ったことがあると思いますが、

中国は本当に厳しくて、必ず没収されます

お気に入りのジッポーとか持って行くと、

大変悲しいことになるので、タバコを吸われる方は、現地で買うようにしましょうね。

中国旅行の持ち物に関するQ&A

中国へ旅行する際にきになることを、Q&A方式でいくつか記載してみました。

参考になれば幸いです。

薬の持ち込みはOK?

薬の持ち込みはどの程度まで自由何でしょうか。

 


医薬品の持込み 処方薬を中国に持ち込む場合,税関への申告が必要です。 処方薬の持込みは,個人で使用する合理的な量に限られ,薬とともに,処方箋,処方量,診断書等(英文)を税関に提示して持込み可否の判断を受けます。 医療用麻薬・向精神薬についても基本的な手続きは同じです。

参照元:在上海日本国総領事館

領事館には上のような記載がありました。

どういうことかというと、

もし持病などで通院していて、薬を日常的に飲まなければ行けない場合などは、

処方箋(英文)を税関で提示する必要があります。

上で述べた、下痢止めや胃腸薬、風邪薬などの申告は必要ありません。

これは中国に限ったことではありません。

 

お酒の持ち込みはOK?

お酒の持ち込みについては、上でも述べたように、

1本あたり1.5L以下の容器かつ、2本まで持ち込みすることができます。

もちろん、この量だと機内には持ち込めないので、

スーツケースに割れないように入れてください。

 

カップラーメンの持ち込みはOK?

カップラーメンの持ち込みは問題ありません。

菓子パンなども持ち込んで大丈夫です。

 

お米の持ち込みはOK?

お米の持ち込みに関しては、領事館のHPにも書いてなくて、

少し古いですが、2012年の情報がありましたので、共有します。

外国人の2000元人民元以下のおみやげの持ち込みは免税となります。
人民元2000元以上の場合、課税価格に対し10%が課税されます。
(領収書添付)。
日本米(おみやげ)20kgの荷物での持ち込は可能です。植物検疫の必要はありません。 2/28 上海事務所
参照元:日中平和観光株式会社の中国情報館

 

パソコンの持ち込みはOK?

もちろん中国へはパソコンの持ち込みは可能です。

中国旅行の持ち物をチェック

 

いかがでしたでしょうか。

この記事を見て少しでも中国旅行への恐怖心がなくなれば幸いです。

中国は確かに危ない、怖いイメージはありますが、

ルールをしっかり守って入れば、全く問題ありません。

禁止の持ち物などを見てわかるように、中国だから特別というわけではありません。

他の国も大体こんな感じです。

中国には日本では決してみることができない雄大な自然がいくつもありますし、

歴史的建造物も山ほどあります。

ぜひ中国へ一度訪れてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA