タイアユタヤ持ち物リスト,必要な物は?バンコクからの行き方や服装,旅行の必需品を紹介!

こんにちはMasaです!

前回タイバンコクへ旅行へ行く際の持ち物リストを記事にしましたが、

今回はバンコクにほど近い「アユタヤ」について記事にしていきたいと思います。

アユタヤはバンコクともすごく近くて、

電車で1本なので気軽に行くことができるんです!

なのでバンコクへ訪れたら是非アユタヤにも行ってみてほしいので、

今回はアユタヤ旅行の持ち物リストをまとめてみました!

また以前ご紹介したアユタヤへの行き方や、服装についてなども記載してあります!

 

タイアユタヤの場所

 

みなさん、タイと言えばどこを思い浮かべますか?

バンコク、チェンマイ、プーケットなどではないでしょうか。

今回ご紹介するアユタヤは上でも述べましたが、

バンコクからとても近い距離に位置しています。

地図で確認してみましょう。

 

この地図だとアユタヤしか写っていないので、タイのどの辺りにあるのかわかりにくいですかね?

これならどうでしょうか。

今回はバンコクとアユタヤの地図上での距離を知ってほしかったので、

グーグルマップ上に記されている時間は気にしないでください。

2枚目の地図をみていただければわかると思うんですが、

アユタヤはバンコクの北に位置しており

距離的にも80kmほどしか離れていません

 

アユタヤへの行き方

 

アユタヤへの行き方はいくつかあるんですけど、

一番楽な方法は国鉄に乗ることです!

この国鉄に乗れば乗り換えることなくアユタヤに行けるので、

座っていればアユタヤに着きます。

国鉄のチケットの買い方や乗り降りする駅については、

以下の記事にまとめましたので、合わせてお読みください。

バンコクからアユタヤ電車時刻表や値段は?往復100円で日帰りできるって本当?

2019年9月18日

 

国鉄に乗れば、1時間30分〜2時間で着きます。

 

アユタヤの気候は?

 

アユタヤの気候はバンコクと似ております。

1年で一番暑いのは4月で、平均気温は30.6度ほど、

逆に一番寒いのは、12月です。

それでも平均気温は約25度ですが、夜は少し肌寒く感じることもあります。

アユタヤも5月頃から雨季に入りますが、

アユタヤでは9月に集中的に雨が降ります

アユタヤ観光に適しているのは、

乾季、そして気温が高くない時期です。

となると、1月、2月、3月がベストになります。

僕は4月にアユタヤに訪れたんですが、灼熱地獄でした・・・

バンコクとはほとんど気温が変わらないと思うんですが、

アユタヤには日陰がほとんどなく、

ショッピングモールなんかもないので、状況が全く違います。

僕の経験上、4月、5月には行かないことをオススメします!

 

アユタヤ旅行の持ち物リスト

 

SIMフリーのスマホSIMを変える必要があるため
パソコンホテルやバックパッカーズホテルで暇潰しに
充電器各種充電器は必要
モバイルバッテリー充電が切れた時のために
カメラ思い出を撮るのに必要
Tシャツ半袖4枚ほど
パンツ(半ズボンおよび長ズボン)3着ほど(半ズボン2枚、長ズボン1枚)
下着3枚ほど
靴下2足ほど
スニーカー基本的にサンダルでバンコクへ入国し、必要に応じてスニーカーを履く
ボールペン出入国の際の記入に必要
コンタクトレンズ類必要な方
化粧品類必要な方
歯ブラシ・歯磨き粉ホテルには泊まらないため
髭剃り必要な方
リュックサック街の移動にはリュックサックが最適
日焼け止めタイの日射しは強すぎます
サングラス上と同じ理由
常備薬風邪薬や下痢止めなど常備薬が必要な方
折り畳み傘雨季の時期は必須

 

おそらくタイへ旅行に来るときは、

上記のような物を持って来ると思います。

おそらくですが、今回ご紹介しているアユタヤのみを目的に来る方はほとんどいないのではないでしょうか。

バンコクや、プーケットとセットで訪れることが多いと思います。

というのも、

アユタヤ観光は1日〜2日(1日半)あれば終わってしまいます。

なので、今回ご紹介する持ち物リストは、

アユタヤ観光のみに焦点を当てて、

僕が実際に持っていったものや、必要だと思ったものをご紹介していきます!

 

リュック

 

リュックは絶対に必要となります。

ボディバッグのようなものでもいいですが、

少なくとも500mlのペットボトルや貴重品などが入る余裕があるものを準備してください。

なぜかというと、

アユタヤを自転車・バイクで観光することになるからです

トゥクトゥクのようなものを貸し切って回るという方法もありますが、

多くの方が、自転車やバイクで観光していました。

なので両手があくようなバッグを持っていくことをオススメします。

 

パスポートのコピーや国際運転免許証

 

上記のように、アユタヤ周辺を観光するために、

バイクや自転車を利用する方法があります。

バイクや自転車のレンタルの際には、

パスポート、またはパスポートのコピーが必要になります。

パスポートを持っていけばいいのですが、

パスポートを預けてしまったら、紛失されても困るし、

観光中何か起きて、パスポートが必要になる可能性も無きにしも非ずなので、

必ずパスポートのコピーを渡してください。

 

カメラ

 

アユタヤには素晴らしい遺跡がたくさんあります。

中でも以下の写真はみなさんご存知ではないでしょうか。

 

このような有名なもの、

首がなくなってしまった仏像、

古くからある建物、寺院など観光するものは様々です。

スマホでの撮影もいいですが、この際ぜひ、カメラを持っていって思い出の写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

 

熱中症予防グッズ

 

アユタヤの気候でも述べましたが、

アユタヤは1年を通して比較的気温が高い状態が続きます。

特に4月なんかは気温が高すぎて呼吸も苦しいくらいです。

僕は1日で鼻の皮が剥けるまで日に焼けてしまいました。

しっかり日焼け止めを塗ったんですが、

帽子を忘れてしまったため、顔や首など日焼けしてしまいました。

・サングラス

・日焼け止め

・帽子

の3つは必ず持っていくようにしましょう。

 

日焼け止めもSPF50以上のものを持っていきましょう。

 

その他

 

その他各自必要なものを持参してください。

上に羽織るものだったり、常備薬、ポケットティッシュ、ハンドタオルなどなど。

 

注意
水分は必ず1本はバンコクから持っていくようにしましょう。
もちろんアユタヤでも売っていますが、電車の中で必ず水分がほしくなります。
2時間我慢するのもいいですが、熱中症にならないように、各自でできる対策をしてください。

 

アユタヤでの服装

 

アユタヤでの服装についてですが、

バンコクでは、王宮や格式が高い寺院には、

半袖半ズボン、サンダルや、キャミソールにミニスカートといった、

肌を極端に露出した格好では入場することができない場所があります。

アユタヤでもそうかと思ったのですが、

実際、アユタヤでは格好はバンコクほど気にする必要はありません

僕は半袖半ズボンにサンダルという格好で行ったのですが、

特に問題なく入場することができました。

でも敬意を表すという面では、

サンダルはやめておけばよかったなあと思いました。

自転車での観光もあるので、サンダルは少し危険かと思います。

半袖半ズボンにスニーカーという格好がベストだと思います!

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

アユタヤも歴史的建造物がたくさんあり、

バンコクとは違った面白さがある場所です。

バンコクからもすぐ行けるので、

バンコクへ訪れた際に寄ってみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA