チェンマイサンデーマーケット時間,行き方,おすすめの食べ物は?雨の日は開催する?

こんにちはMasaです!

チェンマイへ来たらどうしても行きたかった場所があります!

それが「ナイトマーケット」です。

 

基本的にチェンマイって夜はいろんなところでマーケットが開いているのですが、

中でも「サンデーマーケット」が一番盛り上がるということで、

実際に行ってみました!

 

サンデーマーケットが開かれる場所や時間

 

まずどこでサンデーマーケットが開かれるのでしょうか。

サタデーマーケットが開かれるのは、

ダーペー門から続くちゃダムヌンチャク通り付近です。

 

またサンデーマーケットが開催されるのは、

毎週日曜日の午後4時〜深夜までです。

 

補足説明

午後7時くらいから道を自分のベースで歩けなくなるほど人が増えて来ます!
午後7時前に来るとまだ人が少ないので、人混みを機にすることなく楽しむことができますよ!

 

サンデーマーケットへの行き方は?

 

サンデーマーケットへの行き方は、とても簡単です。

サンデーマーケットが開かれるのは、

上記の通り、ダーペー門とグラブタクシーなりバイクなり、

トゥクトゥクの運転手に伝えれば、簡単に行くことができます。

また「サンデーマーケット」と行っても、

チェンマイではとても有名なので、確実に行くことができると思います!

 

サンデーマーケットには何があるの?おすすめは?

 

サンデーマーケットでは何を買うことができるのでしょうか。

こちらの写真は実際にサンデーマーケットで販売されていたものです。

サンデーマーケットには、タイ料理はもちろん、

寿司やチキン、アイスクリームやクレープ、ケーキなど、

色々な種類の食べ物を食べることができます。

また食べ物だけではなく、

タイの衣装やオカリナ、シルバー、などなど、

本当になんでも売られている場所なんです!!

1日で全てを見ることは不可能でしょうね。

ここは食事をとることができるスペースなのですが、

ここの周りには特に美味しい食べ物が売られています。

この場所は、ダーペー門から入って、

道なりに進み、約5分も歩けば着く場所です。

近くには立派なお寺もあるので、わかりやすいと思います。

おすすめの食べ物などを紹介したいのですが、

なんせ数え切れないほどの食べ物屋さんがあるし、

好みも違うので、これ!といったものが言えなくて歯がゆいです・・・・

 

でもタイならではの食べ物や商品がたくさんありますので、

好きなものを手にとってみてください。

値段もびっくりするくらい安いので、もし美味しくなくても後悔しないと思いますよ!

 

食べ物系だったら、物にもよりますが、20バーツ〜100バーツあれば買うことができます。

日本円で大体60円〜300円くらいですかね。

注意
サンデーマーケット開催場所は、お酒を持ち歩いたり、タバコを吸うことは禁止されています。お酒は持ち込まない、タバコも指定の場所で吸うようにしてください。
ちなみに外にあるトイレは有料です。

 

雨の日でも開催する?

 

サンデーマーケットはもちろん外で開催されているのですが、

雨の日はどうなのでしょうか。

実際僕がサンデーマーケットへ訪れた日は、

スコールで開催される午後4時の時点ではまだ雨が降っていました。

 

僕が現場に着いたのは、午後6時30分くらいで、

たまにパラパラ雨が降っていましたが・・・

しっかりお店はやっていましたし、この人だかりです!!

少しの雨では関係ないようですね。

でもスコールが来たらどうでしょうかね。

まだそんな状況でサンデーマーケットに訪れたことがないので、

正確にお伝えすることができません。

でもサンデーマーケットが開催されている場所には、

カフェやバーなどがありますので、

一時的に雨宿りすることはできます。

スコールも1時間もすれば止むのがほとんどです。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

サンデーマーケットは本当に1日では回りきれないほど大きなマーケットを形成しています。

日本では絶対に味わえないので、

チェンマイへ来たら是非訪れてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA