ワットウモーン行き方や時間,ソンテウでのアクセス方法は?周辺にはおしゃれなカフェも

こんにちはMasaです!

チェンマイへマッサージ留学へ1ヶ月間行っており、

留学中は、日曜日が唯一のフリーの日だったのですが、

チェンマイってあんまり観光地がないんですよね。

像だったりドイステープだったり、ナイトマーケットだったりと、

楽しめるものはたくさんあるんですけど、長期滞在してるとマンネリ化してきました・・・

僕自身歴史的建造物が大好きなので、お寺巡りばかりしていたんですが、

ある日、学校の先生がお寺でオススメの場所をドイステープ以外で教えてくれて、

ワット・ウモーン」がいいとのことだったので実際に行ってみました!

 

ワット・ウモーンはどんなお寺?

 

ワット・ウモーンは一体どんな場所なのでしょうか。

ワット・ウモーンは正式名称「Wat Umong Suan Puthatham」と呼ばれ、

今から約700年以上も前に建てられたお寺です。

ワット・ウモーンは1297年にランナー王朝の初代王であるManglai王によって建てられました。

メンラーイ王と読むんでしょうか。

メンラーイ王がチェンマイに都を作った際に、

スリランカより招いた僧侶たちが修行ができるようにと、

スリランカ様式で建立されました。

補足説明
チェンマイは以前はランナータイ王朝として繁栄しており、タイの首都バンコクがある地域に興たスコータイ王朝とは別の国でした。

 

またこのお寺の特徴は何と言っても洞窟の中にブッタ像があることですね。

なぜ洞窟の中なのかというと、

瞑想修行ができるようにとのことです。

実際現在でも瞑想体験ができるようですね。

 

ワット・ウモーンの所在地

 

ワット・ウモーンの住所は

135 หมู่ที่ 10 Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200 タイ

です。

チェンマイ大学から徒歩20分ほどの場所に位置しており、

少し入り組んだ場所にあります。

ちなみにワット・ウモーンの時間は明確には記載されておりませんが、

午後5時までには行ったほうがいいと思います。

 

ワット・ウモーンへの行き方,ソンテウでもいける?

 

ワット・ウモーンへの行き方は本当に様々です。

この記事を読んでくださっている方がどこのホテルに泊まっているのかなどによって

値段は変わってきます。

 

とりあえず一番簡単で確実な方法は、現在地からグラブタクシーまたはバイクで、

ワット・ウモーンへ行く方法です。

 

旧市街からなら、タクシーは200thbほど、

バイクなら100thbかからないほどで行くことができます。

 

でも旧市街にいるとは限りませんよね!

 

それではドイステープからワット・ウモーンへの行き方をここではご紹介いたします。

ドイステープは山の上にあるので、

タクシーを利用してもどうしても運賃が高くなってしまいます。

でもドイステープからならソンテウが大量に出ているので、かなりお金を節約できると思います。

ちなみにソンテウは奥の赤い車たちです。

 

ドイステープからソンテウに乗ると、

ワット・ウーモンの最寄りであるチェンマイ大学まで40thbで行くことができます。

 

かなり安いですね!

しかもドイステープから旧市街へ向かうソンテウはたくさんあるので、

待ち時間も10分くらいです。

ドイステープからチェンマイ大学までの距離は、

約14kmほどありますが、これが40thbって驚きですよね。

 

チェンマイ大学の正門前に到着したら、

ワット・ウモーンまでは2kmほどなので、最悪歩いてもいけますが、

2kmなのでタクシーを利用しても150thbほどで行けるので、

ぜひタクシーを利用しましょう!

 

ワット・ウモーン(トンネル)までの行き方

 

それでは少しだけではありますが、

ワット・ウモーンの敷地内の中をご紹介していきます。

意外と入口から歩くので、迷わないようにしてください。

こちら看板に従ってください。

なぜか寺院へは「Tunnel」と表記されているので、

Tunnel と矢印がある方に進んでください。

 

矢印の方向へ進むと、トンネルが見えてきました!

トンネルに入る際は、靴を脱いでくださいね

気になる方は靴下を持ってくるといいでしょう。

 

トンネルの中

 

それではトンネルの中は少しお見せしますね!

トンネル?洞窟中はこんな感じ。

そして突き進むと仏像が。

タイの方はそれぞれの仏像の前で手合わせて拝んでいました。

本当に岩を削って作ったんですね。

僕は身長は175cmほどなのですが、

頭が少し天井に当たりそうでした。

 

仏塔へ

 

トンネルの観光が終わったら、

先ほど看板があった場所まで戻ってください。

看板を右に曲がるとトンネルがありますが、

正面へ行くと、このような階段があります。

この階段を上ると仏塔が見えてきます。

タイ特有の仏塔ですね。

注意
大きな犬がそこらへんを走り回っていました。
おそらく飼い犬だとは思いますが、安全である保証はできないので、噛まれたりしたらすぐに病院へ行ってください。

 

ワット・ウモーン周辺

 

ワット・ウモーン周辺には、

マッサージ屋さんやカフェ、ご飯屋さんなどがあります。

 

なんか「Yuuto Cafe」なるものがあり気になって行ってみました!

日本人が経営しているのかなあと思いましたが、

全員タイ人の方でした(笑)

でもみんな英語を喋れるので、コーヒーを買う分には全く問題ありません。

 

またこのカフェの隣に、ハンバーガー屋さんがありました!

実際に買いましたが、美味しかったです!肉はビーフとポークを選ぶことができました。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ワット・ウモーンは知名度はありませんが、

他では決して見ることができないタイプの寺院です。

一見の価値はあります!

チェンマイへ訪れた際は、ぜひ足を運んでみてください!

2 件のコメント

  • こんにちは!詳しい行き方ありがとうございます^^帰りのソンテウやトゥクトゥクを見つけるのは簡単ですか?

    • ソンテウは記事の通り、止まる場所が決まっているので、一度チェンマイ大学まで戻る必要があります。
      またトゥクトゥクは入り口付近に止まっていたりしたので、見つけるのは簡単だと思います。
      でもやっぱりグラブタクシーかバイクが一番確実で待つ必要がないので少しお金を出してもいいならグラブを利用することをお勧めします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA