ドイステープ行き方,入場料服装に決まりはある?チェンマイ黄金の仏塔と景色は凄かった!

こんにちはMasaです!

現在チェンマイにマッサージ留学へ来て3週間目となりました。

少ない休みの中でも観光できる時間があったので、

今回は、チェンマイで1番有名であるとされているお寺、

ワット・ドイステープ」へ行ってきました!

今回の記事は、ドイステープへの行き方や、

入場料、服装についてなどについて書いていこうと思います!

 

ワット・ドイステープへの行き方

 

ドイステープへの行き方はいくつかあるので紹介していこうと思います。

ちなみにドイステープは山の上にあります。

 

グラブタクシーやバイクを使う

 

東南アジアでタクシーを拾う場合は、

グラブのアプリを使用する方が多いのではないでしょうか。

もちろんドイステープのグラブで行くことが可能です。

 

グラブタクシーを使用する場合は、大人数であればかなりお得だと思います。

大体旧市街からドイステープまではグラブタクシーで約400THBほどです。

4人で乗れば1人100THBなので、安いと思います。

ちなみに僕は一人で行ったので、グラブバイクを利用しました。

僕は、旧市街から離れたところに滞在しているのですが、

それでも200THBで行くことができました。

距離はさほどないのですが、山を登るので値段が上がるようですね。

 

ソンテウを利用する

 

こちらの写真の赤い車が「ソンテウ」という車です。

トラックの荷台を改造して作られたような乗り合いタクシーです。

ドイステープへは、確実にソンテウで行ったほうが安くなります。

ドイステープ専用のソンテウもあり、

チャンプアック門のセブンイレブン前〜(一人60THB)

チェンマイ大学正門〜(一人40THB)

チェンマイ動物園〜(一人40THB)

と3つの停留所があります。

 

またセントラルフェスティバルやチャンプゲートからも

ソンテウが出ているので、そこから行くのもありではないでしょうか。

 

まあ大人数で行くなら、グラブタクシーが一番安全で確実だと思います。

 

306段の階段

 

さあということで、ドイステープに到着しました。

ドイステープに到着すると、待っているのは・・・

306段の階段です。

20THB払えばケーブルカーがあるとのことだったのですが、

僕が行ったときは見つけることができなかったので、306段歩きました!

 

雨季で気温は30度、湿気が凄く、登り切ったときは汗が尋常じゃないくらい出ましたが、

現地を自分の足で歩くことに喜びを感じる僕にとっては、苦にはなりませんでした!

 

チケットの買い方や入場料

 

階段を登りきると、右手にチケット売り場があります。

チケットは1人30THBです。

子供料金はあるのかはわかりませんが、

大人何人といえば、その人数分のチケットを渡してくれます。

 

そして買ったチケットは、入り口付近にいる女性が、

券を千切に来てくれるので、わざわざ行く必要はないと思いますが、

チケットは手に持っていきましょうね。

 

おそらくチケットを買ってない人も結構いると思います・・・

 

黄金の仏塔

 

それでは中へ入っていきましょう!

お寺の中へ入るには、靴を脱ぐ必要があります。

補足説明
靴をしまうところがないので、自分でわかる場所に脱いでおきましょう。靴がそこら中に散乱しているので、間違えないようにしてくださいね。

 

こちらが黄金の仏塔です。

1538年ランナータイ王朝時代によって改修工事などが進められ、

現在の姿になったと言われています。

この仏塔には25kgの金が使用されているというのですから驚きですよね。

 

参拝セット(ろうそく、線香、蓮の花)を持って、

礼拝の言葉を述べながら、仏塔を時計回りに3周し、

線香と蓮の花を備えると願いが叶うと言われています。

この写真ではわかりにくいですが、

実際多くの方が、仏塔の周りを回っていました。

 

幸運が訪れるひも?

 

みなさんタイの方が腕に白いひもを巻いているのをみたことありませんか?

どうやらこの白いひもは、幸運をもたらしてくれるもので、

少なくとも3日以内、最高2年?くらいの効力があるようです。

 

実際にお坊さんが念仏を唱えてくれ、聖水?につけて結んでくれるので、

効力があると信じたくなりますよね。

 

ドイステープでもこの白いひもをもらえるということなので、

実際に僕も体験してみました。

入り口とは反対側に小さなお堂なようなものがあるのですが、

この列に並んで、お賽銭(僕は20THB入れました)を入れ、

手を差し出すと、何やら唱え出し、ひもの水につけて、結んでくれました。

実際こんな感じ。

今はまだ幸運は訪れていませんが、何かいいことがあると信じたいですね!

 

山からの景色は最高!

 

ドイステープは何もお寺だけが有名なわけではありません。

お寺の他に有名な理由として、山からチェンマイ市街を一望できる展望台があるからです。

 

この日は運よく天気も良く、チェンマイの街を一望することができました。

展望台へは、一度お寺(仏塔がある場所)から出る必要があります。

 

登って来た階段を背に、右側に道なりに進んで行くと、展望台があり

この素晴らしい景色を見ることができます。

 

またここ以外にももう一つ展望台があります。

「VIEW POINT TURN RIGT」の文字が。

こんなの誰も気がつかねーよ!と思いながら実際に行ってみると、

こちらの展望台からの景色も素晴らしかったです。

でもあまり景色は変わらないので、メインの場所だけでもいいかもしれませんね。

 

服装は厳しい?

 

バンコクの寺院に行った方ならわかると思いますが、

由緒正しき寺院は本当に服装が厳しいですよね。

半袖半ズボン、サンダルでは入れないなんてことも普通です。

ドイステープもチェンマイではとても格式が高いお寺ですが、

実際、半袖半ズボン、サンダルできている方も多かったです。

バンコクの寺院のように、「こんな服装はダメですよー」的な看板はありましたが、

チェックなどは全くされませんでした。

 

注意
いくら監視がないからといって、肌を露出しすぎな格好はやめましょう。

 

ドイステープ周辺

 

ドイステープ周辺にはおみやげ屋さんや、

カフェなどがあるので、観光が終わった後も楽しむことができますよ!

食べ歩きもできますし、ランチに最適な場所もあります!

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

チェンマイに来たら絶対に訪れて欲しい場所です!

少し旧市街から遠い場所にありますが、

訪れる価値は十二分にあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA