長江三峡クルーズ船内の様子は?宜昌〜重慶4泊5日の川下りの旅5つ星の船は凄かった!

こんにちはMasaです!

みなさん突然ですが、中国国内でクルーズがあることをご存知でしたか?

中国には黄河や長江など、想像を絶するほどの長さの川がありますが、

中国のクルーズは「川」なんです!

中でも長江は全長6,300kmと世界でも第3位の川で、

アジアでは最長の長さを誇っています。

今回は中国で人気のある「長江三峡クルーズ」について記事にしてみました!

 

長江三峡クルーズとは

 

長江三峡クルーズは、名前の通り、

長江の三峡地区を巡るクルーズです。

上の写真のように四川省周辺では、想像を絶する渓谷が続いています。

「三峡」というのは、

「瞿塘峡(くとうきょう)」「巫峡(ふきょう)」「西陵峡(せいりょうきょう)」

の3つの峡谷を指します。

写真のように高さ1000mを超える山に長江が貫いており、

何十キロもこのような景観が続いています。

中には約7000万年前に形成された場所もあるというので驚きですよね。

 

長江三峡クルーズは基本的には

重慶市〜宜昌市の約192kmをクルーズしていますが、中には上海〜重慶市まで運行しているものがあります。

 

ちなみにこの場所は、蜀漢初代皇帝劉備が、

夷陵の戦いで呉の陸遜の火計で大敗し、白帝城に撤退する時に使用しています。

蜀漢の兵士や劉備が見た景色とさほど変わっていないと思うので、

本当に感動しました。

 

クルーズの種類

 

クルーズは以下の6つの種類があるようです。

1.重慶市→宜昌市(3泊4日)
2.宜昌市→重慶市(4泊5日)
3.重慶市→荊州市(4泊5日)
4.荊州市→重慶市(4泊5日)
5.重慶市→上海
6.上海→重慶市(8日9日)

 

ほとんどの船が1、2の日程でクルーズを行っています。

クルーズ船は、アメリカビクトリアクルーズ、プレジデントクルーズ、ドラゴンクルーズの3つです。

3の重慶〜荊州間は現在皇家プリンセスシリーズのみがクルーズ線を敢行しているようです。

4、5の日程は、アメリカビクトリアプリンセスがクルーズを運行しています。

 

僕が行ったのは、アメリカンビクトリア号で2の宜昌市→重慶市(4泊5日)のツアーでした!

 

アメリカンビクトリア号

 

今回はタイトルのようにクルーズ船の中について記事にしています。

僕が乗ったのは、アメリカンビクトリア号。

光の加減で汚く見えますけど、実際はとても綺麗なマンションみたいな船でした。

さすが豪華客船と言われるだけはあります!

アメリカ資本の船なので、キャプテンはアメリカ人。従業員は英語が堪能な中国人でした。

 

観光客の割合としては、英語圏の方と中国人が半々といったところでしょうか。

日本人は僕と友人のみでした。

若者は、家族連れのみで基本的には高齢者の方が多かったですね。

 

船内は中国語と英語のみ。

日本人は英語圏の方と一緒のグループになるようです。

 

船内の様子

 

それでは船内の様子を見ていきましょう!

 

展望デッキ

 

一番上にある展望デッキからの眺めは最高でした!

夕日が峡谷の間に沈んでいく様子。

展望デッキには椅子があり、本当にリラックスして素敵な景色を眺めることができます。

 

朝早い時間に撮影したものです。

中国とは思えないほど空が澄んでいました。

 

スマホで撮った写真なので、画質はお許しください・・・

満月もなんか大きく感じる。

 

ロビー

 

こちらがロビーの様子です。

アメリカンビクトリア号は5つ星のクルーズのようですね。

絨毯はフカフカで高級感漂うロビーでした。

 

部屋の様子

 

基本的に部屋は2人部屋。

室内にはベットが2つ、テレビ(英語か中国語の番組のみ)、

人数分の水(毎日ルームメイクの時に補充されます)、ユニットバス、シャンプーボディソープ備え付け、冷蔵庫、ソファー。

室内の設備などは以上の通りです。

 

あとバルコニー?があります。

暇なときは外に出て、外の景色を見ていました!

 

基本的に部屋は毎日ベッドメイクしてくれますし、バスルームにも清掃が入ります。

 

ちなみに廊下はこんな感じ。

 

 

食事の様子

 

基本的に食事はバイキングでした。

種類が本当に豊富で、基本的には中華料理が多かったですが、

それでも30種類ほどの食べ物があり飽きることはありませんでした。

席は部屋ごとに決まっています。

そしてこれが最後の晩餐。

最後の日はバイキングではなく、高級レストランのような感じに。

船長のスピーチを聞いた後、みんなんで乾杯し食事をとります。

 

ここでもボーイが常に机についてくれているので、

何か飲み物が欲しい時は頼めば注いでくれます。

本当に素晴らしい空間でした!

 

船内のイベント

 

船内でもイベントが行われます。

こちらはウェルカムパーティの様子です。

船長と副船長だったような記憶がありますが、

スピーチの後みんなでシャンパンで乾杯。

クルー全員出てきてお出迎えしてくれます。

このイベントは強制参加ではないですが、せっかくなのでぜひ参加してみてください!

 

 

チップは必要?

 

中国の文化では基本的にチップはいりません。

しかし僕が乗ったのはアメリカ資本の船ですし、

西洋の方もたくさんいたので多くの方が、最終日にチップを渡していました。

僕もルームメイクをしてくれた方にチップを渡しました。

いくら渡したかは覚えていませんが、そこまでたくさんあげた記憶はありません。

気持ちなので金額は関係ありませんが、もしアメリカ資本の船に乗ったら、チップをお忘れなく。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

本当に最高のクルーズでした。

僕は三国志の名所を回りたくてこのクルーズを予約したのですが、

それ以外でも文句のつけようがないほど素晴らしい旅でした!

僕みたいな若者がこんな贅沢な旅をしていいのかと思ってしまうほどです。

すごくいい経験にもなりました!

少しでも興味がある方は、ぜひこのクルーズを体験して見てください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA