民主記念塔(バンコク)行き方や歴史的背景は?ベストタイミングはいつ?

1932年、絶対王政に対して起こした「シャムクーデター」を記念して、

1939年に建造された「民主記念塔」。

あまり有名な観光名所ではありませんが、

2014年には、約400名以上の市民がデモをするために訪れたといいます。

 

今回は民主記念塔への行き方や、訪れるベストのタイミング、

基本情報などを紹介していきます!

 

民主記念塔とは

 

民主記念塔とは、上でも少し触れましたが、

シャムクーデーターを記念した記念塔です。

もともと、タイは絶対君主制をとっていましたが、

ラーマ7世が王になってからは、積極的に議会制導入や、憲法作成に力を入れてきました。

しかしこれはラーマ7世が求めていたものとは違い、

妥協的なものだったようです。

その後ラーマ7世はイギリスへ亡命しています。

このような時代背景の中で起きたのが、シャムクーデーターです。

 

シャムクーデターにより、絶対君主制は終わり、立憲君主制が確立されます。

このクーデーターはタイの歴史における重要な転換期となりました。

 

このシャムクーデターを記念して作られたのが、この民主記念塔です。

しかし現在もタイは完璧な民主主義とは言わないのが現状です。

軍事的色が強いタイでは、民主化を求めるデモが行われています。

2014年には、軍事政権による、選挙の延期に抗議するため、

400人以上がこの民主記念塔でデモが行われたということです。

 

タイ国民にとってこの場所は、民主化を踏み出す第一歩でした。

 

民主記念塔のデザイン

 

民主記念塔は、4本の大きな柱中央の台座

柱の下の小さな玉柱に刻まれている彫刻から成り立っています。

 

・4本の柱と中央の台座の高さ

台座の高さは3m、4本の柱の高さは24mあります。

タイでは3という数字はカレンダーで「6月」を示しています。

24mはカレンダーで表すと「24日」ととれますね。

6月24日。

そう、シャムクーデターが行われたのが、1932年6月24日なのです。

 

・柱の下の小さな玉

柱の下には、柱を囲んでいる75個の小さな玉があります。

この75個の玉は、仏暦で2475年を払わしており、西暦にすると1932年という意味があります。

 

・柱に刻まれている彫刻

柱に刻まれている彫刻は、民主化の活動に貢献した、警察や民間人などの名前が刻まれています。

 

民主記念塔のデザインには全てに意味があります。

ぜひ近くまで行って確認してみてください。

 

民主記念塔への行き方

 

ドンムアン空港から民主記念塔へ行かれる場合は、

ドンムアン空港1階の6番出口付近にあるバス乗り場から、

A4バスに乗ってください。

A4バスというのは、エアポートバスで

30分に1本どこまで行っても50THBで乗ることができます。

A4バスの停留所に民主記念塔があるので、バスの係員へ、

「デモクラシーモニュメント」と言えば、近くになったら知らせてくれます。

 

エアポートバスの乗り方については、以下の記事でまとめてありますので、

合わせてお読みください。

ドンムアン空港からバスカオサン通り,民主記念塔へはA4バスが最適!170円で行くことが可能

2019年9月20日

バスの乗り方はとても簡単ですし、空港からはバスの乗り換えもなしで1本でいけますよ!

 

また駅からでは、クアラルンプール駅から

タクシーかトゥトゥクを利用するといいでしょう。

 

ちなみに民主記念塔はカオサン通りからとても近い場所にあります。

 

カオサン通りで遊んだ後に、民主記念塔まで歩いて行ったほうが

時間を無駄にしないで済むかもしれません。

 

訪問時のベストタイミング

 

民主記念塔へ訪れる時間帯はいつがいいのか。

 

こちらが午後5時頃の民主記念塔。

こちらが午後10時頃の民主記念塔。

民主記念塔は夜になるとライトアップされて、とても幻想的な雰囲気となります。

実は、民主記念塔のロータリー、バンコクで1、2位を争うほどの交通量なのです。

 

朝から夕方頃までひっきりなしに車が通っています。

しかし夜になると車の通りも少なくなり、近くまで安全に行くことができます。

民主記念塔へ行く時のベストな時間は夜です!

もちろん日中でもいけますが、車通りが大変激しいので、

注意してください。

 

注意
タイでは日本みたいに横断歩道を渡ろうとして待っていても、車は止まってくれません。
車が来ないタイミングを見計らって、安全な時に道路を渡ってください。
横断歩道を青信号で渡っていても、安全が保障されるものではありません。
日本と同じと思って渡っていると、事故に遭ってしまいます。

 

民主記念塔の基本情報

 

営業時間24時間
入場料無料
滞在時間10分〜20分ほど
地図

 

補足説明

民主記念塔はお寺みたいに服装の制限はないですが、服の色には気をつけたほうがいいかもしれません。赤や黄色、迷彩柄は避けたほうが無難かもしれません。

 

追記

 

2019年9月22日正午から午後6時にかけて、

民主運動家による政治集会を民主記念塔前で行われるということです。

在タイ日本大使館が注意を勧告しています。

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

カオサン通りへ訪れたら是非一緒に訪れて欲しいです!

機会があれば是非行ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA