ダナン旅行持ち物リスト!ベトナム旅行持ち物や服装,必需品は?

こんにちはMasaです!

これまでベトナムのホーチミン、ハノイを旅行する際の

持ち物リストをご紹介してきましたが、

今回は「ダナン」の持ち物リストをご紹介していこうと思います。

ベトナム旅行といえば思いつくのがハノイやホーチミンではないでしょうか。

ベトナム国内の旅行者数でいうと、

ホーチミンが1番多く、2番目はハノイということです。

今回ご紹介するダナンは、綺麗な海、ビーチが魅力的な都市です。

今回はそんなダナンの旅行の持ち物リストをご紹介していきます。

 

ベトナムダナンの気候

 

ベトナムダナンは、ちょうどハノイとホーチミンの真ん中に位置しており、

ベトナム全体から見てもちょうど真ん中に位置している都市です。

ダナンの気候は、ホーチミンと同じで

熱帯モンスーン地帯に属しています。

要するに南国の気候(1年を通して暖かい)ということです。

そんなダナンですが、少しトリッキーなのが

同じ熱帯モンスーン地帯に属しているホーチミンとは雨季と乾季の時期が異なることです。

ホーチミンでは雨季は5月〜11月、乾季は12月〜4月です。

しかしダナンの雨季は9月〜2月乾季は3月〜8月となっています。

雨季の平均気温は以下の通り

9月〜10月=30度〜35度

11月〜2月=20度〜25度

乾季の平均気温は以下の通りです。

3月〜4月=30度〜35度

5月〜8月=35度〜40度

そして1年を通じて平均湿度は80%以上なのでかなり蒸し暑くなります。

 

ベトナムダナンの持ち物リスト(必需品)

 

ダナンへの旅行に必要な持ち物リストを作成しました。

1週間ほどの旅行に必要なものをまとめましたので、ご参照ください!

 

パスポート海外旅行時には必須
Eチケット同上
海外旅行保険(控え)万が一のために
現金空港で両替してもいいが、少し持って行くと安心
クレジットカード海外旅行付帯のクレカ複数枚
SIMフリーのスマホSIMを変える必要があるため
パソコン調べ物、記事を書いたり暇な時間があるときの暇つぶし
モバイルバッテリー充電が切れた時のために
カメラ思い出を撮るのに必要
ジャケット※雨季の11月〜2月にかけて旅行する場合
Tシャツ4枚ほど(半袖4枚)
パンツ3着ほど(半ズボン3着)
下着3枚ほど
靴下2足ほど
サンダル乾季の時期に訪れる場合は、スニーカーよりサンダルがあると便利なため
ボールペン出入国の際の記入に必要
コンタクトレンズ類必要な方
化粧品類必要な方
歯ブラシ・歯磨き粉ホテルには泊まらないため
髭剃り必要な方
リュックサック観光をするためリュックは必要
日焼け止め東南アジアの日射し(紫外線)は日本のものに比べて強いため
サングラス上と同じ理由
薬など風邪薬や下痢止めなど常備薬が必要な方
折り畳み傘スコールに備えて必ず必要
その他各自必要なもの

 

注意
ベトナム旅行をする際、15日以内の滞在場合はビザは必要ありません。
しかし、出国する際に6ヶ月以上の有効期間が必要になります。
また、ベトナムを1度出国してから30日以内にベトナムへ再入国する際は、ビザが必要になるのにお気をつけください。
またベトナムの入国時に空路から来た方は、帰国時のチケットも必要になります。

基本的にベトナムでは、

様々なものを買うことができるので、

荷物を多く持っていきたくない方は、

必要最低限のものを持っていき、現地で買うことをオススメします!

 

ベトナムダナンの服装

 

ダナンは上で書いた通り、乾季に関しては平均気温は30度以上、

5〜8月にかけては平均気温は35〜40度にまで達します。

日本からは半袖半ズボンの格好で来ても全く問題ありません。

ただ、湿度も平均80%以上と非常に高く、

汗を大量にかくので、Tシャツや下着などは替えを持っていった方がいいです。

でも1週間の旅行で7日分の服装を持って行く人はあまりいないと思うので、

1日2枚Tシャツを着るとして、2〜3日分持っていけば安心でしょう。

 

また雨季の時期の旅行の服装ですが、

乾季が終わった後の9月〜10月の平均気温は

30〜35度と高いので乾季の時の服装で大丈夫ですが、

11月〜2月は20〜25度と乾季の時期と比べて気温は10度ほど平均で下がります。

雨季の時期の湿度は平均85%ととてもムシムシしています。

雨が降らない日は湿気のせいもあり、蒸し暑く感じますが、

雨が降ったり夜になると気温が下がり、

半袖半ズボンでは寒い時があるので、

長袖やパーカーなど羽織るものを数枚持って行くことをオススメします。

 

持って行った方がいいもの

 

それでは上の持ち物リスト(必需品)のほかに

持って行った方がいいなと思ったものをご紹介します!

 

水着

 

ダナンといえば最初に思いつくのがビーチというほど、

ダナンではビーチが有名です。

ダナンビーチはアメリカのフォーブス誌が選定する「世界の魅惑のビーチベスト6」に

選ばれるほど素晴らしいビーチなんです。

そんな美しいビーチがあってビーチに行かないのはもったいないですよね。

水着は現地でも買えますが、

すぐにでもビーチへ行けるように、日本から持って行くことをオススメします!

 

帽子

 

ダナンの乾季は本当に暑くなります。

日焼け止めを塗っても日焼けは完璧に防げないので、

帽子はあった方がいいでしょう。

乾季でも湿度は80%以上あるので、帽子も通気性がいいものを選ぶといいと思います。

熱がこもると熱中症の原因にもなりかねません。

 

アルコールティッシュ

 

僕は必ずと行っていいほどアルコールティッシュは海外旅行に持っていきます。

特に東南アジアは、手を洗うところも少ないので、

食事をする前やお手洗いの後は必ず必要になります。

今はこんなご時世なので、

アルコールティッシュは確実に必要になるでしょう。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ダナンに訪れるベストタイミングは5月〜8月の一番暑い時ではないでしょうか。

THE東南アジアを感じることができるし、ビーチも楽しいし、ビールも美味しいし、

今年はいけないのがとても残念です。

来年海外旅行がまた再開することを祈るしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA