LCC機内持ち込みリュックサイズ,重さ,おすすめは?実際に使用したバックを紹介

こんにちはMasaです。

皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。

首都圏や関西、北海道以外の多くの場所で緊急事態宣言が解除されて、

少しずつですが、生活が戻ってきているのではないでしょうか。

僕はというとパンデミックの影響で、旅行が全くできず本当にストレスがたまっています。

 

早く旅行に行きたい・・・

さて、このパンデミックが終わった後、すぐにでも旅行にいけるように、

今回は実際に僕が使用している

LCCで機内持ち込みできるリュックを紹介していこうと思います。

 

国際線LCCの荷物規定

 

まずは、いくつか国際線LCCの機内持ち込み荷物の

規定について見ていきましょう。

航空会社縦(cm)横(cm)マチ(cm)重さ(kg)備考
Scoot38542310kg3辺の合計が合計115cm
詳細はこちら
Peach4050257kg3辺の合計が合計115cm
詳細はこちら
ジェットスタージャパン3656237kg詳細はこちら
エアアジア3656237kg詳細はこちら

 

いくつかの航空会社の荷物規定を並べてみましたが、

基本的に3辺の合計が115cm以下と設定されていますね。

基本的にこの115cmというのは、荷物がラックに入る大きさとなっています。

 

もちろん縦と横の大きさが逆になるのは構いません。

 

重さについても多くのLCCが7kg以下と規定しています。

7kgって本当に少ないですよね。

リュックだけで1kgはあるので基本的に使用できるのは6kgほど。

服やPC、カメラなんか入れるとすぐ7kgになってしまいますよね・・・

 

おすすめのリュック(実際に僕が使用しているもの)

 

それでは実際に僕が使用しているリュックを紹介していこうと思います。

こちらが僕がLCCに乗る際に機内持ち込みをしているリュックです。

このリュックはアマゾンで購入したものです。

僕が購入した時は4,000円くらいだったような気がしますが、

今は少し値上がりしていますね。

まあ40Lでこの値段だったらお買い得だと思います。

商品のページを下記に乗せておきますね。


簡単にこのリュックの大きさなどを紹介していきます。

 

縦51cm×横35cm×マチ16cm

容量は40L

重量はHP上には0.93kgと記載がありますが、

おそらく1.1~1.2kgほどあると思います。

 

リュックのレビュー

 

実際に使用している方のレビューを抜粋してみました。

LCC利用に使いました。
ピーチでは問題無かったです。一週間程度の旅行では良いと思います。
軽く機能性もあり、生地も問題無かったです。
ハイキング、軽登山にもオススメです。
短期間の使用での感想です。
参照元:アマゾン
バックパッカーの女です。
アフリカ・ヨーロッパ旅に1ヶ月
アジア旅に1週間
いつも持っていきます。機内持ち込みできます。
作りがものすごくしっかりしています。多分、ナイフで切られても、簡単には切れないです。その分少しばかり重いですが。
参照元:アマゾン
1ヶ月のヨーロッパとアジア周遊旅行で使用しました。
作りがしっかりとしていて不便に思う点は特にありませんでした。また私はライアンエアーやブエリング航空などを利用しましたが機内持ち込みもできました。大きすぎることもなく使いやすかったので総合評価は高いです。
良い買い物をしました。
参照元:アマゾン
1年使用した感想です。
海外旅行ではミャンマー4日間等に機内持ち込みを本リュックだけで完結でき、ラフに使用しても問題無かったです。
登山にも日本第2位の高峰、北岳に2回連れ出しましたが問題なく使えました。
他、低山ハイクにも使ってますが、ラフに使っても頑丈であり、40lあるのに軽量な点が気に入ってます。
参照元:アマゾン
海外旅行で使用しました。
カバンの大きさに厳しい航空会社を使用しましたが、日本人なのかバックのことは全く触れられず搭乗手続きが出来ました。
ということは、問題なくこのカバンは機内に持ち込めると思います。
カバン自体の質もよく重宝してます。
参照元:アマゾン

 

それぞれのレビューを見ても、

問題なくLCCで持ち込みできていることがわかりますね。

 

各航空会社荷物規定と比較

 

実際に僕が荷物を詰めた時のカバンの大きさと、

各航空会社の荷物規定を比べてみましょう。

 

航空会社縦(cm)横(cm)マチ(cm)重さ(kg)
Scoot38542310kg
Peach4050257kg
ジェットスタージャパン3656237kg
エアアジア3656237kg
リュック3754208kg

※分かりやすいように縦と横の大きさを変えました。

 

黄色にした場所が規定を超えてしまっていることを示しています。

 

さあ結構黄色の箇所がありますが、

実際僕が使用しているリュックの3辺の大きさは111cmです。

上にも記載しましたが、

航空会社の荷物規定は3辺の合計が115cm以下となっています。

 

大きさが1cm超えていたりするとすごい不安になることはわかりますが、

僕はこれまでこのリュックで受付カウンターで荷物を測られたり、重さを計ったことはありません。

 

さすがにぱっと見大きいとわかるリュックについては、

その場で大きさをチェックされると思います。

 

重さを事前に把握するには?

 

このリュックを購入すれば、サイズについては心配する必要はなくなります。

 

問題は重さです。

 

体重計に乗せたり、空港の計量器で測ったりと様々な方法で事前に

重さを測っているかと思いますが、ものすごく便利な道具があるのをご存知でしょうか。

 

 

携帯式デジタル計量器です。

 

荷物をぶら下げることによって、その荷物の大きさを測る仕組みになっています。

50kgまで対応しているので、スーツケースを測る際にも使用できます。

 

測り方は簡単です。

このようにリュックに紐を引っ掛けて、持ち上げるだけです。

100%正確に重さを測れるわけではありませんが、

大体の多さを知ることができるので、大変重宝しています。

飛行機に乗る際は必ずこれで事前に荷物を測っています。

 

大体の重さが事前にわかれば、受付カウンターの時に

ドキドキしながらまたなくてもいいし、

自分がどれくらいの荷物を持っていけるのかなど色々把握することができます。

 

この商品自体の重さが100gなので、旅行先に持っていっても全く邪魔になりません。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

今回は僕が実際に機内持ち込みをしているリュックをご紹介しました。

もちろんこのリュックを買う必要はないですが、

このようなリュックを買えば、LCCに機内持ち込みでいるという目安としていただければ幸いです。

1日でも早く海外旅行ができるようになることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA